旅する本屋の物語

August 29, 2018

山脈を越えるいにしえの往還から少しだけ脇に寄ったところ。そこは深い栗の木の森に囲われたとても小さな山の村。――モンテレッジオ。

 

その村の佇まい、置かれている環境・状況は紛れもなく、確かに、日本では「過疎」「僻地」。その言葉から伝わってくるニュアンスは限りなくネガティブ。

…ですが、文章から漂う“香り”から脳裏に浮かぶその村の姿は誇り高き文化的な景観。お訪ねしたこともない村なのに、です。

 

その地に刻まれてきた連綿と流れる時間と繋がっているか否か

例え離れていても、還るべき場所として心にいつもあるか否か

暮らし人や出自を持つ人に、その地への矜恃・矜持はあるか否か

 

小さな地域の在り様や自分自身の将来について、深慮させられる良い本と出会えました。

あ、でも内容は難しくないですよ。旅の本、紀行としても楽しくサクッと読めます。ぜひ、どうぞ。

 

モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語

著書:内田洋子 出版社:方丈社 

 

Discover Walks ~日本の里山里海を歩く~

代表 亀津淳司

https://www.discoverwalks-j.com

A Member of Japan Alliance of Responsible Travel Agencies 

https://www.jarta.org/japanese

Please reload

最新記事

November 20, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
歩くからこそ、​出会う。今、そこにしかないこと・ものに。

北九州市若松区東畑町4-6 〒808-0044

info@discoverwalks-j.com

Tel:093-761-5553

合同会社Discover Walks

福岡県知事登録旅行業第3-662号

 

JARTA_member.jpg
fb-Discover Walks Japan