November 29, 2016

高野山から熊野本宮までの小辺路は、楽しみながら古道を歩く現代の旅人としては道中3泊4日が最適です。(小辺路が現役の交通路だった頃は、2泊くらいで歩いたと思われます。)
十津川温泉を除く、谷あいの小さな集落は観光地ではないので泊まることが出来る宿はほんの2~3軒です。歩く時は、必ず確実に予約を済ませてから旅へ出ましょう。

★野迫川村大股(高野山から1泊目)
「民宿かわらび荘」さん

渓流沿いの1軒宿。食堂もされています。もともとは渓流釣りの方や工事・商用の関係の方々がメインだったそうです。雨に打たれての到着でしたが、快くお風呂をすぐに用...

November 26, 2016

高野山から歩いて4日目、最後の峠「果無(はてなし)」を越え、ようやく熊野の地へ辿りつきました。
小辺路(こへち)は、本宮の約2㎞手前にある「三軒茶屋跡」で、海辺の田辺からの径「中辺路(なかへち)」と合流します。中辺路は、言うならば熊野詣での径の中では「幹線」ですね。

三軒茶屋跡の少し手前の中辺路伏拝(ふしおがみ)からは、気軽な古道歩きの人気区間ですので、
元々の道幅が広いせいもあり、高野山から歩いてきた小辺路と比べると、雰囲気がガラッと変わります。 
そんなことも、本宮が近いことを実感させられる要素の1つ、ですね。

最後は住宅地を少し歩...

November 22, 2016

高野山を出発して小辺路を歩いて4日目。最後の峠を越えて、熊野へ至る日を迎えました。
十津川温泉の宿から、まずは峠への登り口へ。
この日越える峠の名前は「果無(はてなし)峠」。果無…って。何ともロマンと厳しさの両方を持ち合わせた地名ですね。

 いきなり急登の苔むした石段が続きますが、尾根上にたどり着くと、そこは天空の集落とも称される果無集落。集落のど真ん中、民家のお庭や軒先を古道が通っています。

こんな↑です。山から引いた水で鯉を飼っていらっしゃいます。ちょっと狭いそうで、太り気味な鯉さんでしたが(笑)。

果無集落から先は、熊野側まで集落は...

November 19, 2016

熊野参詣道であり昭和の中頃まで生活道として人々が行き来した小辺路。
高野山から歩いて3日目は、十津川村の谷から谷へ、大きな峠を1つ越える1日です。

「家人を通じて、その土地を体感できる」という農家民宿(民泊)の良さ。あらためて、それを感じさせていただいた「農家民宿山本」さんに、峠への登り口となる吊り橋のたもとまで送っていただきました。

 ここから、標高1,000mちょっとの三浦峠の稜線まで一気に登ります。

小辺路はどの峠も、必ず登り口に民家があり、その軒先やお庭を通ることになります。

 思うに、歩荷や強力(ごうりき)、先達などを生業とし...

November 17, 2016

高野山から熊野本宮までの小辺路。
2日目は野迫川(のせがわ)村の谷あいの集落「大股」から、
ルート上では最も高い標高の「伯母子(おばこ)峠」を越えて、十津川村の「三浦口」まで歩きました。
雨は明け方には止み、北北西の風とともに寒気が一気に入りました。まさに初冬の雰囲気。
前日の暖かい雨仕様から、軽めの冬装備に換えて、峠越えに出発です。

谷あいから植林地を一気に登り詰めて稜線に出ると、身を切る風に寒さは増しますが、終盤を迎えた紅黄葉が迎えてくれました。足元はこんな感じの絨毯。
 

 伯母子峠からはこれから向かう、十津川の山々と谷が一望...

November 13, 2016

11/7~12で、紀伊半島の山あいを結ぶ古道を歩いてきました。世界遺産として有名な熊野古道ですが、今回歩いた小辺路は、いわゆる「駆け足観光」とは無縁のマイナーな径(みち)です。
 ※「熊野古道」は通称。正式には「紀伊山地の霊場と参詣道」が登録名。参詣道はいくつかあり、
  小辺路はその一つ、です。私には「文化的景観」であることの意義の方が重い、ですね。
駆け足観光とは無縁=お気軽なバスツアーが組めない、と言うこと。
なぜ?…それは、かなりハードな峠越えの歩き旅でしか訪ねることが出来ないから、です。
また、各地の山岳でよく見かける「登...

November 5, 2016

Discover Walksでは、11/7-12にかけて九州を離れ、現地3泊4日・距離にして約80kmの古道「小辺路(こへち)」を歩きます。高野山から奈良県の山深い村々といくつかの大きな峠を越えて熊野本宮へ至る古道です。現在は「参詣道」として世界遺産の構成資産の1つとなっていますが、他のルートとは少し性格が異なり、もともとは山間の人々の生活の径(みち)・生業の径でした。そんな小辺路を歩いてきます。

この期間は、事務所不在になるのに加え、電波圏外の場所も多いため、皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますこと、予めお詫び申し上げます。
小辺...

November 1, 2016

今日から霜月(11月)。
ようやく、日中も朝晩もこの時季らしい気温となりました。これまで(特に朝晩が)高温傾向の秋でしたので、急に平年並みの気温になり「寒い~」と、面喰った方も多いことでしょう。
身体が慣れていないので、余計に寒く感じることでしょう。皆さま、体調には十分お気を付けて。

さて、DiscoverWalksでは、ただいま、冬の旅をいくつか企画中です。(…と言っても、ほんの3~4本くらいですが。。。)
先日、ご縁をいただいた朝倉周辺は冬の間に何度か歩かせていただいて、次の春以降に旅をご提案できれば…と思っております。

こ...

Please reload

最新記事

November 20, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア