November 20, 2019

先日、11/9-10の2日間、九州山地の山懐に抱かれた山村にお邪魔しました。

高千穂は向山の秋元集落。

大型バスやマイカー利用のビジターで賑わう、いわゆる観光名所(例:高千穂峡、天岩戸神社)とは一線を画す、別世界の雰囲気。この地で暮らし、日々を営む方々の息吹がしっかりと感じられる「生活空間」。いつお邪魔しても「良い時間」を過ごさせていただける山村です。

夏から秋の天候が影響して周囲の山々の紅黄葉は少し遅れ気味でしたが、夕暮れの灯ともし頃から静謐の夜、時折響く雄鹿の声、清冽な空気とモルゲンロートのように稜線が赤く染まる早朝の散策…、と今回も...

November 4, 2019

霜月(11月)に入り、北部九州の平野部でも、吹く風と樹々の色あせた緑色に秋の深まりが実感できるようになってきました。16:00頃になると太陽高度も低くなり、影が伸び、周囲がオレンジ色に染まります。

季節の歩みが遅かった今秋ですが、ここに至り、足早に初冬の気配が近づいています。

さて、勝手知ったる地元とはいえ、あらためてフィールドワークを重ね、検討してきました“新しい1dayツアー”。ようやく皆さまにお知らせできる準備が整いました。

そのタイトルは「北九州エクスペリエンスウォークス」です。

Discover Walksならではのオリジナリティ...

October 20, 2019

台風15号、19号と続けて大きな自然災害に見舞われました。

様々な被害に遭われた各地の皆様、衷心よりお見舞いを申し上げます。

また、この週末も大変多くの方々がボランティアやお仕事で支援や復旧に専心されておられます。九州から参じることが出来ず、甚だ心苦しい限りです…。

秋の歩みが遅かった九州北部。10月下旬とは思えない日がまだ多いですが、少しずつ、秋が深まり始めた今日この頃です。

今春から進めておりました、英語サイトのリニューアルがようやく完了し、先日UPいたしました。

ウェブサイトのリニューアルにあわせ、英語のブランド名も変更しました。

旧)E...

August 8, 2019

今日8月8日は二十四節気の「立秋」。暦の上では秋になりました。とはいえ、今年も厳しい暑さが続いています…。

旧暦の季節感や自然観は、本当に季節や自然の移ろいとマッチしているなあ、と感じます。それだけ、日々の人の営みがそれらに拠るところが大きかったのでしょう。かたや現代日本は便利・快適・安心・安全ではありますが、どこか幸薄いように思えるのは私だけでしょうか…。

さて、恒例の中秋の名月を愛でるナイトハイク。今年もやります。

9月13日(金)と14日(土)の2日限定です。

しかも今年は各日1組限定。1組は1名~最大でも5名まで、とさせていただきま...

July 22, 2019

北部九州は梅雨末期の豪雨に見舞われています。厳重警戒が続いていますが、あと数日で梅雨明け&本格的な夏空到来、となります。くしくも明日7/23は二十四節気の「大暑」。暦どおり、暑くなるのでしょうね…。

さて、オーダーメイドではない、レディメイドの参加募集プログラムとして、晩秋以降にスタート予定の1dayツアー「北九州Experience Walks」3コースのひとつ、「平尾台エクスペリエンス」のモニターツアーを実施します!

今回は、様々なご意見をいただくこと&画像ストックにご協力いただくため無償です。ぜひ、ご参加いただき、沢山のフィードバ...

July 7, 2019

この梅雨に限った話ではありませんが、四季を通じて、雨の降り方が明らかに変化しています。

地球に存在する水の総量は変わりませんので、「気体⇔液体⇔固体⇔気体」の相転移がとても活発になっている(今後ますますなる、進行形。)ことを物語っています。

収束帯の停滞により、大雨と長雨の洗礼を受けた南部九州。北部九州は幸いそれほどでもありませんでしたが、収束帯(梅雨前線)は「ちょっとした要因」でその停滞位置が南北に動くので、この時季の気象を読むのはなかなか難しいもの。…今回オーダーをいただいていたガイドプログラムも「超、念の為」内容を完全に変更&短縮...

June 11, 2019

先週末6/8、ある海岸清掃のイベントをお手伝いする機会がありました。
瀬戸内海側の周防灘に面した浜辺でしたので、ほぼ日本由来のゴミが多く、多国籍ではないことや牡蠣養殖に使うプラパイプが漁業ゴミの大半である点が、日本海側の対馬海峡沿岸とは少し違っていました。
…が、様々な容器やビニール袋、包装材等、やはりプラスチックゴミが膨大な量であることに変わりは無く。。。

 

海のゴミと陸のゴミの問題は、車の両輪、源は同じです。

もともと、以前から海のゴミは多かったのですが、この10年で世界的には大きな課題・問題になっていました。加えて、日本ではプラ...

May 20, 2019

エルニーニョのためか、西部太平洋(フィリピン東方海上)では対流活動が不活発な傾向が続いています。加えて、インド洋起源のモンスーンもまだ弱め。日本列島に雨の季節をもたらす収束帯もイマイチ微妙な状況が続いています。さらには、極東ロシアのアムール川上空に居座る強力な寒冷渦。それらを原因とする強風や降雨、振幅の大きな気温変化等、2019年5月中旬は、激しい気象が続いています。

さて、秋以降にスタートする北九州近郊での「Experience Walk(エクスペリエンスウォーク)」。

通い慣れた地元エリアとはいえ、あらためて現地調査や下見を重ねてい...

April 7, 2019

4月に入り、はや1週間。まさに光陰矢の如し、です。

咲き始めに寒の戻りがあったため、花期の長かったソメイヨシノもさすがに桜吹雪に。今晩の雨で一気に散ってしまうことでしょう。…雨上がりの水たまりが花びらで敷き詰められている光景も、なかなかですよね。

現在、Discover Walksでは下記2つの英語サイトを運用しています。

 ★Ecotour Kyushu https://www.ecotourkyushu.com/

 ★Discover Kyushu Walks http://www.dkwalks.com/

サイトオープンからやや時間が経...

March 9, 2019

街中でも郊外でも、健康のための日課ウォーキングは以前から盛ん。事務所の周囲でも早朝から夜まで多くの姿をお見かけします。

各地のウォーキング大会や季節のウォーキングイベントも盛況。それに類する旅行会社の団体ツアーも一定の人気を保っています。

ウォーキング文化が根付いているか?と問うならば、「ある意味、根付いている」と言えるでしょう。

団体ツアーや各地イベントではなく、個人で各地を歩く方々も増えてきています。いわゆるシニアの皆さんだけではなく、30歳前後の方々や海外からの旅人も多々目にする昨今です。この国でも「歩く旅」が旅の文化の1つとして根...

Please reload

最新記事

November 20, 2019

Please reload

アーカイブ